HOME>出産・子育て情報>妊婦さんの健康への助成

妊婦さんに嬉しい助成制度

荒川区では妊娠の届出をした後に、東京都内で契約している医療機関で診査を受けた場合の一部費用を負担してくれる助成制度があります。1回目は血液型からC型肝炎の有無など10項目以上の診査が対象となり、2回目から14回目は問診と健康指導に加えて体重測定・血圧測定・尿検査となります。またその他に20週から26週は経腟超音波検査、33週から37週はB群溶連菌など週数に合わせて受けられる項目があります。週によっては期間が重なることもありますが、1回につき受けられるのは1項目なので、必要に応じて選択する形です。また妊娠期間中に1度だけ超音波検査の助成も行なわれます。これらの公的負担は決められた回数や一定の額が対象になっているため、それを超える回数の検査を受けたり金額になった場合は、自己負担となる場合があります。表で把握することも可能ですが、不安な場合はお医者さんに相談すると良いでしょう。また妊娠中はホルモンバランスの影響によって口の中の環境も悪くなりやすいので、口腔内診査を無料で受けられます。区内にある協力歯科医療機関で、母子手帳が交付される際にリストが渡されます。一箇所に集まってまとめて検査を受けるのではなく、必要な人が個別で受ける形です。あくまで無料なのは検査のみで、治療が必要となった場合は通常と同じように有料になります。また出産した後ではこの対象にはならないことに注意してください。

NEW POSTS