HOME>高齢者福祉情報>シニアでもここまでやれる

シニアが活躍する時代が来てる

シニアを中心とするスポーツ祭典が、数年前ですが、荒川区で大々的に開催されました。このスポーツ祭典のタイトルはスポーツ祭東京2013です。このイベントの後半は第13回全国障害者スポーツ大会として開催され、数多くの区民の賛同と協賛を得ることができました。このイベントはもっぱら六十歳以上の高齢者を中心として実行されました。六十歳以上の高齢者といえば、ずいぶん年を取ったという感じですが、実際にはそうではありません。体力は若干落ちますが、気持ちは若い時と全く変わりません。それどころか年を重ねるに従って、精神の充実は大変なものがあります。イベントの前半で披露された、昔懐かしい坂本九ちゃんのジェンカをテーマとする踊りが、多くの参加者たちの感動を呼びました。お揃いのピンクのスポーツシャツで統一された踊りはとても六十歳以上とは思えないくらいに若々しいものでした。皆さんとてもお若いですねと、大会に参加した若者たちからも称賛の声があがりました。これは純粋に高齢者たちのまとまりと、素晴らしいパフォーマンスを目の当たりにしたからにほかなりません。実際この大会に参加した人々の受けた感動は計り知れません。六十歳以上の高齢者たちでも、それがまとまれば大きな仕事ができるのを実感させられました。これからの日本は世界でも稀に見る高齢者時代を迎えます。 もしもこの状態が絶対に避けられないものであるというのであれば、それを逆手にとって、六十歳以上の高齢者たちにもしっかりと仕事をしてもらおうではありませんか。

NEW POSTS